サイトマップ
 
NATURAL SPA・DEEPのよくあるご質問
 
[ Q ] 有機ゲルマニウム粉末は、何g入れたらいいのですか?
[ A ] NATURAL SPAの場合は約3g。DEEP・ヘリオスの場合は約5gの目安でご使用下さい。
   
[ Q ] 有機ゲルマニウム粉末3g~5gで、水交換の目安はいつ?
[ A ] 有機ゲルマニウムの働きを充分に得る為、衛生面を考慮して3日以内・8回以内での
交換をおすすめ致します。自動排水機能や溶液量を最小限に抑えた設計ですので、
楽に溶液交換ができます。DEEP・ヘリオスは約10回以内が目安になります。
   
[ Q ] 有機ゲルマニウム以外に温浴効果が期待できそうな物を入れても大丈夫ですか?
[ A ] NATURAL SPAは、ゲルマニウム粉末以外の使用が可能です。
ソルト(タラソテラピー)・アロマ(アロマテラピー)・温泉浴粉末などを入れて、
色々なアイデアで楽しんで下さい。
   
[ Q ] 上下浴槽内に突起がたくさんありますが、何か意味があるの?
[ A ] NATURAL SPAコンパクトタイプの浴槽内には、上部浴槽に小さい突起、下部浴槽には大きめの突起があります。
これは、手のひらと足裏のツボを刺激するもので、手足を入れるだけで軽いツボ刺激の効果が
あります。手のひらと足の裏には多数のツボが集中しています。お好みで刺激の強さを
調整して下さい。また、温浴中に手足がずれないように「すべり止め」としての効果もあります。
   
[ Q ] ツボを刺激すると身体にいいの?
[ A ] 東洋医学では、全身を流れる生命エネルギーを「気」、気の流れる道を「経絡」、経絡の滞りやすい所を
「経穴・ツボ」と言います。気が滞ったところを刺激して気の流れをスムーズにするのがツボ療法です。
また手のひらや足裏には全身の反射区というものがあります。
反射区を刺激することで身体の器官の血液やリンパの流れを促進する事により、
たまっている老廃物を流し、凝りやストレスを緩和します。
そして自然治癒力を高め身体機能の正常化が促進されます。
   
[ Q ] 他の温浴器のような頭を支える台は必要ですか?
[ A ] 台は必要ありません。従来の温浴器は腕を左右に広げて温浴器にもたれ掛かる姿勢で
温浴しますので、そのままでは首・背中に負担がかかる為に頭部を支える台が必要でした。
NATURAL SPAは、腕を広げず前に出して温浴する為に温浴器との距離を保ちます。
台に頭を置き背中を丸めて温浴するのではなく、仙骨を立てて背筋を伸ばした正しい姿勢で
温浴できますので、内臓を圧迫せずにゲルマニウム温浴の効果を最大限に引き出します。
   
[ Q ] それでも頭を置いてし温浴したい!
[ A ] 皆様の多数のご要望を頂いておりましたNATURAL SPA専用の「温浴用ドームまくら」が
完成致しました。おでこを支えることが可能。スチーム状態の暖かいドーム内に両手を入れて
温浴致します。溶液に浸かって無い部分もしっかりと温め毛穴を開かせて、有機ゲルマニウムの
吸収を高めます。湯気が持つ温感の視覚効果で、リラグゼーション効果・発汗率もUPします。
ヘリオスはおでこ支えクッションマクラ付きです。
   
[ Q ] 海外製品は不安です。品質は大丈夫でしょうか?
[ A ] NATURAL SPAは、世界標準規格ISO9001をクリアー、UL(米国)・CE(ヨーロッパ)・韓国(Kマーク)等、
諸外国での公的機関による検査・認証を受けています。また、本国では医療器具の認定も受けている
製品です。世界標準規格ISO9001をクリアーした認定工場による製造から検査・出荷に至る一貫した
品質管理システムが整っていますのでご安心下さい。保障・修理に関しては国内で対応致します。
   
[ Q ] 酸素濃縮器と併用したら効果があるの?
[ A ] 濃縮酸素器とゲルマニウム温浴は大変相性が良く、酸素を吸いながらのゲルマニウム温浴は
相乗効果をもたらし温浴後の爽快感は格別です。
また、酸素+アロマの場合はリラックス感が増し、今までの温浴では味わったことのない
リラクゼーション効果を体感できます。
   
[ Q ] 家庭用の小型酸素濃縮器でも効果はありますか?
[ A ] 人間の酸素吸収量は毎分約8リッター。
家庭用は毎分約2リッターで酸素濃度30%以下。マスクは使用不可で、チューブなどを使用して
空気も一緒に吸引するため、実際に吸っている酸素濃度は23%程度です。通常の空気中の
酸素濃度は約20~21%ですので2~3%程のUPしか望めません。業務用は人間の酸素吸収量と
同じで毎分約8リッター、酸素濃度は約40%となります。
家庭用の酸素濃縮器は「気休め」程度と考えて下さい。
   
[ Q ] 高濃度の酸素を長時間吸引すると、酸素中毒にならないですか?
[ A ] 酸素中毒が問題になるのは、気圧が極めて高い時で、通常の大気圧では問題ありません。
常圧時においては20%~40%であれば安心してお使い頂けます。
   
[ Q ] ゲルマニウム温浴サロンを開業予定です。許認可・申請などはありますか?
[ A ] あんま・指圧・整骨院以外でサロン・カイロ・マッサージでしたら特に申請などは必要ありません。
岩盤浴(部屋を作り湿度・温度を上げる)・サウナ・浴場などは申請登録が必要になります。
   
[ Q ] おすすめメニューを教えて下さい。
[ A ] おすすめは、1、「アロマ濃縮酸素+ゲルマニウム温浴+遠赤外線ドームサウナ浴」 2、「ゲルマニウム温浴+岩盤浴」その他「デトックス・フットバス~目で見るデトックス」や「垂直振動運動機~乗るだけで有酸素運動」などの組み合わせです。
アロマ酸素によりリラックス感が増し、ゲルマニウムを体内に取り入れ酸素を作り出して発汗し
遠赤外線によりデトックス(解毒)効果が最大限に期待出来ます。
酸素濃縮器、ゲルマニウム温浴器、遠赤外線ドームサウナ(又は岩盤浴)の3台だけで
単品メニューが3つ、組み合わせメニューが4つ、合計7つのメニューが作れます。
(例)癒し・リフレッシュコース、ダイエット・デトックス(解毒)コースなど
・岩盤浴・ゲルマニウム温浴・足デトックスバス・酸素・垂直運動器の組み合わせ
   
[ Q ] 今、話題のデトックス(解毒)効果もあるの?
[ A ] 有害物質(水銀・カドミウム・鉛・ヒ素・すずなど)を発汗時に汗とともに排出し
ゲルマニウムの性質で約36時間後には、汗・尿・便として体外に排出します。
体内を浄化し代謝UPに繋がります。
デトックス(解毒)効果は、皮脂腺まで投射する遠赤外線ドームサウナや岩盤浴ベッド・カプセルが
最も効果が期待出来ます。
 
ゲルマニウム温浴
 
[ Q ] 有機ゲルマニウム温浴にはどんな効果があるのですか?
[ A ] 手と足をゲルマニウム溶液に浸すだけで、体内の酸素量を増やし血行を促進させ、
ダイエット・美肌・肩こり・腰痛などの慢性疾患に効果が期待できます。
また運動消費カロリーは有酸素運動の約2時間分に相当すると言われています。 体脂肪計で温浴前後にチェックして確認して下さい。
   
[ Q ] 有機ゲルマニウムはどうして体の外に排出されるの?
[ A ] 有機ゲルマニウムは人間の血液や細胞と同じ半導体です。半導体同士は共存できない性質が
あるため、約36時間後には汗や尿として老廃物と共に体外に強制排出されます。 ゲルマニウム温浴は一次作用の「発汗・ダイエット」のみがクローズアップされていますが、 2次作用の「老廃物と共に体外に全て排出」も強力です。
   
[ Q ] 手足温浴よりお風呂にゲルマニウムを入れて入浴する方が、効果があるの?
[ A ] お風呂の場合は、ゲルマニウム粉末使用量も3~4倍以上必要で費用もかさみ、
定期的な温浴には不向きです。全身浴は心臓にかかる負担も大きいので、約70%の末梢神経が集中している手足だけを浸けて刺激して、手先・足先から少しずつ温めるゲルマニウム温浴がおすすめです。
   
[ Q ] 全然汗をかかなかったけれど温浴時間が少ない、又は温浴方法が間違っているのでしょうか?
[ A ] 必ず大量の汗をかくとは限りません。代謝のよくない方や汗をかきにくい体質の方に多いようです。
何度か温浴を繰り返すうちに徐々に体質が改善され、発汗が促されるようになります。
体調を考慮し無理をせず定期的な温浴を繰り返し、徐々に体を慣らして行くことをオススメします。
温浴前に軽いストレッチや準備運動などで身体を温めておくと効果的です。
また、温浴環境も大切です。出来るだけ肌の露出部分を少なくして首元にタオルを巻いて温浴すると熱が逃げませんので
より一層の発汗効果が期待できます。ダイエットの場合は、サウナスーツ着用での温浴がおすすめ。その他、温浴直前の体の温度や季節(外気温度)にも左右されます。
   
[ Q ] ゲルマニウム鉱石を入れた温泉やブレスレットと効果は同じですか?
[ A ] 無機ゲルマニウムの鉱石ですので皮膚から吸収されることはなく、また吸収すると危険です。
有機ゲルマニウムとは、明らかに異なるものです。無機ゲルマニウムで得られるのはマイナスイオンの
働きによる血行促進効果で入浴や身に着けることにより代謝が促進しますが、そのものは体内に
吸収されないので、ミネラルを補ったり酸素を作り出したり、老廃物を排出したりする働きを得ることは
出来ません。溶け出さず、体内へ吸収されませんので「半永久的に使用出来る」となります。
   
[ Q ] 温浴後に吹き出物が出たり、疲れたり下痢などの症状が出ると聞きました大丈夫でしょうか?
[ A ] こうした症状の多くは、めんけん反応、又は好転反応といって体内の毒素が外に出る際に
起こる一時的な現象です。幾度かの温浴により体内の毒素がスムーズに排泄されれば、
このような症状は治まります。(症状によっては数日要することもあります。)
しかし、吹き出物や肌荒れ等の「お肌への良くない症状」は特にゲルマニウムの溶液を長く交換せずに繰り返し使用されている(汚れている)溶液内に菌が繁殖している場合や塩素などによるお肌への影響も考えられます。
当社は「塩素・科学薬品を使用しない温浴」⇒“ハイドロパシー”の使用をおすすめ致します。
「疲れ」に関しては、“ダイエット”⇒カロリー消費!となりますが、体力のない方は、“カロリー消費”⇒体力消耗となる場合のございます。下痢に関しては、”お通じが良くなった”“ゆるくなった”⇒下痢と入られる方の体質・体調にもよりますが、ゲルマニウム温浴は温度差を利用して温浴しますので単に「冷え」の場合が多い様です。新製品の「ヘリオス」は遠赤外線ランプを搭載し「おなかの冷え」を防ぎます。
何らかの症状が出た場合、全てが「めんけん反応・好転反応」という訳ではありませんのでご注意下さい。まめに溶液を交換して、衛生的で体調を考慮した無理のない温浴を行って下さい。
※症状が悪化している場合は、医師にご相談下さい。
   
[ Q ] どのくらいのペースで入ればいいのですか?
[ A ] 「有機ゲルマニウムの約36時間で体外へ排出する性質を考慮して
週に2回~3回を目安として、温浴が定番ですが、程よい発汗であれば毎日でも構いません。

   
[ Q ] 熱いお風呂やサウナが苦手なのですが、大丈夫ですか?
[ A ] 41℃~43℃の熱さで手足温浴ですので大丈夫です。手先・足先より徐々に身体が
温めて行きます。逆の行為としては、「裸でいきなり浴槽に飛び込む」行為となります。
基本は42~43℃ですが、お好み・体調に合わせて温度調整して下さい。
   
[ Q ] 高齢者・妊婦・子供・アトピー・風邪の方でも大丈夫ですか?
[ A ] 有機ゲルマニウムは温浴後、約36時間で尿や汗として体外に全て排出されます。
安全性が認められております。
また身体に負担が少なく、ご高齢者・お子様でも安心してご利用いただけます。
しかし大量に発汗しカロリー消費をしますので、体力に自信のない方は様子を見ながら無理のない
温浴を行って下さい。風邪の場合も栄養をとり体力を温存しないといけませんので避けて下さい。少し寒気が感じられる引きはじめにはゲルマニウム温浴は良いとされていますが、すぐに温かくして寝ることが出来る場合は良いと思いますが、お店様の場合はお客様の帰宅までの時間のありますのでお断りされたほうが無難だと思います。アトピー性皮膚炎のお客様は手足の浸ける部分に炎症やひっかきキズなどがある場合は避けてください。症状が無い場合でも原因不明超敏感肌の場合が多くなりますのでだれも入ってない「新しい溶液」で温浴してあげて下さい。妊婦の方については、体力消耗⇒疲れとなる場合もありますので担当医師に確認して頂いて、お体の状態もお聞きして温度を下げる又は温浴時間を短くされるなどして
“大量に発汗”は求めず無理の無い温浴を進めてください。
   
[ Q ] 誰でも温浴していいの?
[ A ] 上記内容とおなじく体力が著しく低下されている方、手足に疾患をお持ちの方はおすすめ出来ません。
また、治療中の方はかかりつけのドクターにご相談ください。
   
[ Q ] 無機ゲルマニウム粉末は温浴に使えますか?
[ A ] 無機ゲルマニウムには毒性があり、体内に蓄積されて身体に負担が掛かり危険です。
特に“ヒ素・総水銀”の含有率が問題です。無機には大量に含まれています。また粒子の細かさ(表示はメッシュ)細かくしないと異物は取り除けません。300メッシュ以上の有機ゲルマニウム粉末をおすすめいたします。一般の有機ゲルマニウムにも微量に含まれていますが、当社の有機エルマニウム粉末は飲用可能な有機ゲルマニウムパウダーですのでご安心下さい。
   
[ Q ] 有機ゲルマニウム粉末の保存方法を教えてください。
[ A ] 高温多湿を避け、直射日光の当たらない場所で保存して下さい。
   
[ Q ] 温浴にはイオン水やミネラルウォーターなどを使った方が効果があるの?
[ A ] 水道水をご利用下さい。温浴効果に変わりはございません。ショップ様独自で「天然~水使用!」
などの宣伝は他店との差別化になり良いと思います。
   
[ Q ] 水分補給はいつするの?
[ A ] 温浴の20~30分ほど前にしっかりと水分補給を行い、温浴後にも十分に水を補給して下さい。
大量の発汗により体内の水分を失うだけでなく、体内で酸素を生み出す材料としても水が
使われています。水分補給を怠ると血液の粘土が高まり、血流が悪くなります。
ジュースなどはその物を分解するために水分が使われるので、水分補給には余り適しません。
硬度の低いミネラルウォーターやスポーツドリンク・お茶などが適しています。
また、温浴直後には冷たい飲み物がおいしく感じますが、常温の方が体内に吸収されやすく
効果的に水分補給ができます。おすすめは、「OLDEN水」です。
   
[ Q ] グルマニウム温浴の「癒し」効果を上げるポイントは?
[ A ] 「癒し」とは「本来、人間が持つ自然治癒能力を高める」こととも言われています。
癒しポイントは千差万別です。まずはご自分の1番リラックス出来る温浴環境を整えましょう。
例えば、室内温度は少し暖かいと感じる温度にして、室内の照明を落としアロマキャンドルを灯したり
ヒーリングミュージックを聴きハーブティーなどで喉を潤しながら、ご自身が心地良いと感じる状況で
「五感」を通して良い刺激を大脳に与えると、視床下部に信号が送られて自然治癒力が高まります。
 
 
  ゲルマニウム 岩盤浴 ブラックシリカ