タニタ(TANITA)運動機能分析装置 ザリッツ BM-220

運動機能分析装置 ザリッツ BM-220イスから立ち上がるだけで脚の筋力とバランスを測定

脚の運動機能の状態を簡単にチェック!
筋力とバランスの状態が、イスから立ち上がるだけで分かります

高齢者における筋力低下、筋肉量の減少は、運動機能の低下を引き起こし、転倒や要介護の原因となります。 運動機能を知るには様々な体力テスト(握力・歩行テスト・片足立ちテストなど)を行い、その結果をもとに判断していましたが、これらを行うには時間や場所が必要でした。

運動機能分析装置 BM-220 を使えば簡単に短時間で運動機能を知ることができます。 運動機能分析装置 BM-220 の測定で得られるパワー、スピード、バランスのいずれの指標も握力や5m歩行などの体力テストとの関係性が認められています。

イスから立ち上がるだけの簡単測定

立ち上がり動作時の荷重変動グラフと各指標

イスから立ち上がるだけの簡単測定

  • イスに座った状態で本体に足を乗せ、踏ん張って立ち上がり座るまでの動作で測定が完了します。
  • 本体の荷重センサーが、立ち上がり時の力や速さ、立ち上がってから、重心が安定するまでの時間を計測します。
  • 本体の他にイスとパソコンがあればどこでも測定をすることができるので、小さなスペースで測定ができます。
  • 本体とパソコンやタブレット端末を付属のUSBケーブルで接続し、専用のアプリケーションソフトで測定データを解析。

アプリケーションソフト表示例

業務用の体組成計と連携し総合的な運動機能を評価可能

  • 専用アプリケーションソフトは、タニタのプロフェッショナル仕様の体組成計「MC-980A」や「MC-780A」「DC-430A」に対応します。「ザリッツ」と組み合わせて測定することで、全身の体組成データや筋質点数、および右腕、左腕、体幹部、右脚、左脚といった五つの部位の筋肉量を表示。
  • 全身の筋質点数や、脚の運動機能の状態を総合的に評価し、「総合得点」として1~150点満点で全身の運動機能の状態を表示します。

※「総合得点」は起立移動能力の指標であるTUG(Timed Up & Go)テストと強い関係性(r=0.7)があり、総合的な運動機能を高い精度で計測することが可能です。

業務用体組成計と連携

体組成計と組み合わせた時の専用アプリケーションソフトからの出力項目一覧

■接続可能な体組成計はこちら

 体組成計と組み合わせた時の専用アプリケーションソフトからの出力項目一覧

仕様

ひょう量(最大計量) 150kg(着衣量含む)
主な材質 ABS、鉄
最小表示 0.1kg
電源 ACアダプタ (DC 9V)
主な付属品 取扱説明書(保証書付)、SDメモリーカード(専用ソフトウェア入)、ACアダプタ、USBケーブル
精度等級 取引証明以外用
使用温度範囲 5 ~ 35 ℃
消費電力 80mA以下 (消費電流値)
プリセット風袋引き量 0.1 ~ 10.0 kg
JANコード 4904785014213
商品寸法 幅 342mm ×  高さ 61mm ×  奥行 438mm
本体質量 約 4.5kg
個装箱寸法 幅 445mm ×  高さ 140mm ×  奥行 575mm
個装箱質量 約 6.4kg
製造国 日本
保証期間 1年

ダウンロードはこちら

PDFのダウンロードについて

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。

タニタ(TANITA)業務用マルチ周波数体組成計 MC-180(ブルー)

イスから立ち上がるだけで
脚の筋力とバランスを測定できる

タニタ(TANITA)
運動機能分析装置 ザリッツ BM-220

【定価】540,000円(税込)

⇒販売価格はお問い合わせ下さい。

<お問い合わせは>

株式会社神戸メディケア ヘルスケア事業まで

TEL:0120-35-8866

FAX:078-671-5659

このページの先頭へ